傘寿、80歳のぶろぐ。


by haruちゃん

  十月の台風

   秋空を暫く見ないまま台風に突入で全国を荒らしてゆきました。まるで・・
  狼が吠えるような風の音に一日中脅えていました。風嫌いはいまだに身に沁みて
  いて剥がせません。子供の頃経験した美しいはずの那須山が豹変して吹きおろす
  風!テレビが台風情報で何度も白河方面を映していました。あ、昔のままの駅舎だ!
  飛ばされないように・・・いっぱい思い出がつまっています。
   あんまり風がヒステリックに吹くものだから、思いも散漫、まぼろしだった懐かしい
  駅舎の映像を見て少し平静に。台風もとりあえずこの辺から去って行ったようです。
  
   と言う内心とは別に、午後には三人の元気な方がお稽古に来て下さいました。
  皆さん明るくて台風も押し返しそうです。お茶タイムにおしゃべりで幸せ気分に。

   十月もあっと言う間にとっとと過ぎ、カレンダーとにらめっこしているうちに年が変わ
  る?歳は数えない。えっちら・おっちら・老々夫婦はまだまだ何かを企てています。
  近い内に、上の階数にお引っ越しで~す。またまた富士山を眺めて窓に張り付くこと
  おおかり。

   午前11時頃、台風最中にぽっと青空が。お空って凄いです。

f0007772_22323851.jpg

[PR]
by harue_san | 2009-10-08 22:34