傘寿、80歳のぶろぐ。


by haruちゃん

  晴天なり

   このところの五月晴れ、我が家は朝からまぶしいほど明るい。
  前よりも高層階へ移ったせいで、お空も太陽も近くなったのかもしれない。(?)
  ガラス窓ばかりで空の色と遠い街の景色の中に暮らしているような錯覚です。とは言え、
  次の梅雨時期は「暗い雲の中で・・」と嘆くでしょう。
  
   虫干しもまずまず終わり・・・、一枚の訪問着の絵柄が目に焼き付いて離れない。
  紺地に新緑の紅葉、お店開所式に着た着物、今着ても派手ではないけれどもう出番は
  ありません。次は秋日和に箪笥から出してあげるだけ、、、。

   街の景色もすっかり新緑、初夏へと変わりました。(写真 次ページ)

  
  
[PR]
by harue_san | 2010-05-17 22:44