傘寿、80歳のぶろぐ。


by haruちゃん

お彼岸です。

   朝夕の風が変わり、あれほどの暑さもそろそろ忘れかけ、衣替えの準備など頭によぎります。
  
   夏物の点検、クリーニングするもの、来年はもう着ないもの、に分ける作業(気候はまだ早い)
  秋から着るものをあるだけ出して並べる。スカートやパンツはウエスト検査、毎年きつい!無理!
  が出てきます。元には今更戻ることはありませんし処分の箱へ。
  するとあまり着るものないじゃない・・・なんて毎年毎年繰り返し一人楽しんでいますが、まだ今
  少しそんな秋晴れではありません。

   昨日はお墓参りでした。
  何やら懐かしいと思っていたのは、長く住んでいた町の生活圏の中の墓地の線香の香りであった
  のか、ギラギラの残暑の中、石に水をかけながら考えていました。
  私が20代から関わって生活をしてきた夫の親戚方の多くは思い出の人となりました。
  石は無言です。
 
   お地蔵さまと、玉すだれの白い花。

   これでも すすき。野のすすきが見たい。

 
f0007772_2235442.jpg

f0007772_2244349.jpg


今日は夕飯前にお散歩でした。近くの線路沿いを、Uタウンしただけ45分位。
 家に着いたらどっと汗が、蒸し暑いです。
 BS6時の竜馬伝を見てから夕食作り開始、日中は手作業ニス塗り等続けたが、何だでもない一日
 でありました。
  
[PR]
by harue_san | 2010-09-19 22:26