傘寿、80歳のぶろぐ。


by haruちゃん

   お暑うございます。

    汗が出るのも夏だけ、首にタオルを巻いて掃除機のうなり音と戦いです。
   外はまだ夏休みが終わらないせいか、街の騒音は消えていて、蝉ばかりが
   鳴いています。御挨拶も(暑いですねぇ)テレビでも暑い、暑いの連発ですが、
   蝉の命のように夏も今が盛り、あっと言う間に過ぎ去ることでしょう。
   夏が好き!なんて、へそまがり?少なくとも身体を縮めず、のびのび大らか
   に暮らせません?(それで夏の数だけ太った)
   
    10回目の夏。戦争が終わって嬉しかった。夏休みで思い切り遊んだことが
   何よりの育ち盛りの栄養であったらしい。(食べ物は少!少。栄養など言う余
   地なし)日暮れまで、親戚の農家の子供、疎開組みの大勢の子供たちで群れ
   なして遊んでいたものです。
   小川を堰止めて水かさをあげ、飛び込む音、(水着なんか持っているはずもな
   い)甲子山の方より流れてくる水は冷たく、遊び終わるころには唇を紫色にして
   カチカチ震えています。
   
    あの頃の皆さんお元気かしら。

   駅前の和菓子屋さんで水羊羹を買いました。良く冷えています。
   これからおやつです。    嬉しいな・・・・。
   f0007772_15291482.jpg
[PR]
Commented at 2007-08-18 01:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by harue_san | 2007-08-17 15:29 | Comments(1)