傘寿、80歳のぶろぐ。


by haruちゃん

  今年も余すところ・・・

     悠々と、師走の日を数えたいと思いましたが、やはり何やかやと忙しなく一日が
    終わってしまうものです。
     
     忘年会、銀座のブランド店のイタリア料理でした。
    夜遅い帰りにもなるし、若い時でもなし、場所柄私には似合わないし・・など、など
    ひいていたわりに出席を決めたら気合が入ります。
    少しはお洒落をしましょうと・・もうどうにもならない容姿はあきらめ、皺いっぱいの
    手を眺め、ふ~ん爪はまだ健康の色と発見。マニキュアを塗ってみよう!でも塗り
    かたわからず、ネールのお店でやってもらいました。
    生まれて初めてのマニユキアです。薄いピンクにかすかなラメ入り、嬉しくて、気に
    なってその日はお米もとぐのにちゃらちゃらっと。
     イタリア料理店は開店したばかり、すべてが白黒のモノトーン、照明をおとしていて
    皆さんのお顔も、お料理もよく見えません。あぁいよいよ白内障が進んできたか・・と
    悲観していたら、臨席の若い方も「何だか暗くて、これ何かしら?」とおっしゃる。
    あぁやっぱり?よかった私の目のせいかと・・・。
    ムードですね。素敵でした。私の手の指先もほのかな明かりが幸いに少しばかり綺麗
    でした。
    
     年賀状も元旦に届きますように、ついに投函するまでになり、やったーの気分。
    
     どこもかしこもクリスマスのイルミネーションが華やかです。
    駅前の欅並木も電飾、その先の公園は見事だそうですが、夫と散歩に出て寒くて寒
    むくてと途中で引き返してしまいました。
f0007772_2212813.jpg  
    
[PR]
by harue_san | 2007-12-16 22:04