傘寿、80歳のぶろぐ。


by haruちゃん

    何処かで何かが・・。

   朝の家事を済ませて、今日も無事を祈りながら、何事もない平和な部屋に(私なりの)
  セッティングして。。。一息、友達から戴いた虎屋の羊羹の最後の一切れを食べました。
  先日の作品展のあと、一日講習の方がお一人様があり、来週は三人さまの予定です。
  私が好きで習得してきた事をどの位伝えられるか解りませんが、精一杯楽しみながら
  やってみたい。ええーっ今から大変ね・・・とも言われましたが、今だから出来ると信じて
  なのです。甘い羊羹は頭の活性化とか言って、煉瓦のような大きな羊羹をとうとう一人で
  食べてしまいました。(毎日、毎日)

   東北で地震あり。
   地震の件で電話をかけたら孫が遊びで腕を骨折したと。
   折り返し孫から電話の声・・・神妙な声。
   「痛かったでしょ」「うん」「泣いちゃた?」「うん」「どのへん?」「手とひじのあいだ」
   「あぁあなたの父さんも子供の頃やったの聞いた?」「うん」「大丈夫!おとなしく
   してたらすぐなおるよ」
    本当は痛い、痛い気持ちのばあちゃんなのです。

   何もなかったようにお茶をいただく・・・。
f0007772_22213538.jpg

[PR]
by harue_san | 2008-06-14 22:21