傘寿、80歳のぶろぐ。


by haruちゃん

<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

    2006・02・26



    昨夜からの雨が一日中降り続きました。
   今日は、親戚の家の法事があり、千住のお寺へ行って来ました。
   昨年の春、我が家が千住から引越しの渦中、義姉は入院のまま
   亡くなりました。
   夫の兄の奥さんで、ご夫婦で長年和菓子店を営んでいましたが、
   お店を閉めてしまいました。
    今頃の季節は、桜餅に草餅、次にお彼岸だんご、五月の柏餅、
   お盆と秋の彼岸はおはぎ、暮れの餅つき、その他豆大福やら栗蒸
   し羊羹などなど、和菓子は季節を告げるように店に並べられていま
   した。
    私が和菓子が大好きなのは、近くに和菓子店の親戚があったから
   でしょうか。もうあの菓子は懐かしい味になってしまいました。
   
    義姉が亡くなってから早季節はひとめぐりしました。
   
    明日はさくら餅を買ってきて、茶を飲みながら貴女を偲びます。
    
    法要の間、幼い我が孫達も正座してとても静かに何かを感じ取って
   居た様子でした。貴重な経験をありがとうございました。 
   
   
          
[PR]
by harue_san | 2006-02-26 20:16

    2006・02・18

    

    朝から晴れ、気温は上がりませんが久しぶりに風が止まっています。
   窓を開けても今日は大丈夫と、ハタキと掃除機を振り回し、お掃除デ-
   完了です。
   以前の家の半分の部屋数で、家具も思い切って減らしてシンプルライフ
   に入ったつもりが、まだ余分な物が目について、お掃除のたびに愛しい
   物達(自分にとって)をあっちへこっちへ移動しているから時間がかかる。
   この部屋には大き過ぎると思われた長椅子とテ-ブルセット、大きい食事
   テ-ブルと椅子ですが、これだけは離せません。
   子供達が育つ頃、神戸の家具店に注文で作っていただいた楢の木の無垢
   で、小さな傷はついても頑丈そのもです。
   6客椅子も、今食事には2ツしか使いません。
   昼間は、はるえさんのお絵かき場所になつたりします。
   長椅子は孫達が来るとトランポリンになります。
    年月を経て、艶も出てきましたが、この木の重さを持ち上げる力は衰えて
   きたような・・・。しょっちゅう部屋のディスプレ-が替わって、 「ばあちゃんち
   また おへやかわったぁ」つて最近言われることも少なくなりましたね。

    桃の節句が近く、我が家は雛人形はありませんが、それらしいお飾りは欠
   かさずに今年もちまちまと優しい色を出してみました。
   
   
[PR]
by harue_san | 2006-02-18 15:20

   2006・02・14

    

    午後買い物に出ました。
    なんとポカポカ陽気です。
    昨日までのあの寒さはどこへ行ったのでしょう。
    三寒四温の季節に入ったのでしょううか。
    四季それぞれ気候の表現に、今更ながら感じ入ります。
    遠くのビルはかすんで見えませんが、真上の空は青く明るく、
    本当に嬉しくなりました。
    
    冬眠から早く抜けたいなぁ--の気分です。
    
    あ・今日はバレンタインデ- でしたね。
    もう一度、マンションの近くの花屋さんへ行って来ます。
    チョコの代わり、夫へ。 
[PR]
by harue_san | 2006-02-14 16:28

    2006・02・10



    立春も過ぎ、春は名のみの、、、のとおり、寒いです。
   空は春霞ならぬスモックが張りついていて、あれだけ褒めていた
   山々の姿は見えません。まぼろしだったのかしら?
   
    昨日、以前暮らして居た町へ行って来ました。
   親戚の家があり、そちらに用事のためでしたが。
   京成線千住大橋を降り、上野に向かって線路沿いを右にスポ-ツ
   公園を見ながら歩きます。広いグランドにテニスコ-ト、子供の遊び
   場など、見慣れた景色です。
   昔々、我が子を遊ばせ追いかけ、やがて子育ても落ち着いた頃には
   仕事も済んだ夜間、夫とグランドの中を数周走った (歩いたかな?)
   ものです。その後、孫達が現れ、成長を楽しませてもらいながらあの
   あたりで大騒ぎしていた事を思いました。
   何の迷いもなく足は町の中に入り、角を曲がり、どの家も殆んどが知
   った家です。お声をかけたなら、昨日と同じお顔が出てきそうでした。
   そのまま歩き進んでいるうちに、今我が家に帰るような錯覚を起こしま
   したが、・・・この町は47年間暮らした我が家の歴史上の町でした。
    
    懇意にして戴いていた呉服屋さんの奥様と一年ぶりにお逢いし、お互
   いの元気を確かめあい、おしゃべりをして幸せでした。
       
[PR]
by harue_san | 2006-02-10 13:27

     2006・02・03

    

    昨日、雨上がりの空が晴れて突然北の山並みが姿を現しました。
   日光のあたり、その奥にひときわ高い山もみえます。
   この2カ月余りの豪雪と寒波で、黒い雲に隠れていた山々が真っ白
   になつて輝いていました。
   今日はもう何も見えません。
    一日、一刻と変わりゆくものを見逃せない気がします。
   
    同級会のお知らせ往復葉書の作成もやっと出来上がりました。
   筆まめとやらのソフトでパソコンにへばりついて、家族を巻き添えに
   ヘルプ、 助けて、 の連発でした。
   明日、同級生にお逢いして確認していただき投函です。
   
    早いもので節分です。
   この日はもう数え切れないほどの年数を経た○○さんと、はるえさん
   の結婚記念日であります。
   なにはともあれ健康で、すべてに感謝。ワインを一杯いただきました。
        
[PR]
by harue_san | 2006-02-03 22:11