傘寿、80歳のぶろぐ。


by haruちゃん

<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

   12月も雪崩こむように終わります。
  朝からクリスマス飾りのかたずけ開始、正月に向けてのグッズと交換です。始めたらいつもと
  同じ止まりません。一つ物を動かすと連鎖的に家の中のものたちがゴトゴト居場所を移して
  ゆくのです。年間に何回もそんなことを繰り返して又元の部屋模様になるのかもしれないのに。
  気がついたら午後3時、私としたことが食事忘れ?大変です。あまり空腹感がないのはこのと
  ころクリスマスケーキの食べ続きでした。
   23日、秋に結婚した孫夫妻が来てショートケーキと紅茶。
        夕方一番大きい孫が電車に乗る前で立ち寄り、又ケーキ。
   24日、お稽古の方たちとティータイムでピザとケーキで楽しくいただき。
   25日、小学生孫の家にクリスマス会およばれで丸いショートケーキを賑やかに食べ。
  と言いながら夕飯には頂いたワインですべて忘れ又旺盛な食欲・・今日もよく動いたぁ~と
  理由をつけて。
   何やかやスケジュールも済み、とりあえず今年のおかたずけも終わりにしよう。あとは新年に
  来てくれるファミリーを元気に迎えたい。すこーし部屋が広くなったかな?テーブル3台で全員
  座れますね。夕方のお買いもので、お煮しめ野菜ときんとんのお芋を買い込んできました。
  この暮れには築地に遊びのつもり、蒲鉾の少しも買いに行ってみたいということになりましたが
  さて実現するや否や・・・。
  

    白河の友達から宅急便が届きました。荷を解くと、す~と冷たい空気と樹木の香りが立ち昇り
  ました。艶やかな葉っぱの色、「あけび」に似た形の実、お手紙によると「むべ}という縁起物の
  実だそうです。その色を何と表現したらよいのか・・掌にのせて眺めてみるとすべすべの感触が
  心に沁みこんできます。
   ふるさとを又思い出させてくれました。寒いでしょうね。
f0007772_21561669.jpg
  
  
[PR]
by harue_san | 2009-12-26 21:56

2009年も終わり

   本当に早く過ぎ去った一年でした。いろいろのことは、とうの昔の事になって忘れ
  そうになっているのに、それより前の本当の昔のことは急に光をあてたように頭に
  ぱっと蘇ってきます。
   故郷の幼馴染に用件があり電話でお話が済み、それで今寒い?から始まって・・
  子供の頃の冬は雪がよく降って、そうそう今頃かしら・・天神講とか言って子供だけ
  の集まりで食事を作ってお泊りをしたわね・・そうそう!村の大人たちは農家の水車
  小屋を提供して下さって、夜は母屋のお風呂も使わせてくださるのです。
  子供たちは役割分担をして2~3泊の模擬家庭を作るのです。小学生から中学生の
  お姉さんと一緒で本当に楽しかった思い出です。
   あの頃雪がどっさり積もっていて、温かな暖房もなく、温かな洋服を着るでもなく、
  なのに、皆頬を真っ赤にして夢を見ていたようです。
   
   「懐かしい駅舎はカフェとなり、駅前はイルミネーションの飾りつけの様子をホーム
  ページで見ました」・・・「でも街中はすっかりさびしくなってしまって」と嘆く彼女。
  でも私たちは元気で昔語りしましょう!で、おち。

   一日暗い雨降りでしたが、明日はきっと晴れ!風が出てきたのでバタンキュウで
  眠りたい。朝の雪の富士山が楽しみ~。

f0007772_22144781.jpg
     

    
  
[PR]
by harue_san | 2009-12-11 22:15