傘寿、80歳のぶろぐ。


by haruちゃん

<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

   今年もそろそろ幕

    小春日よりももうおしまいでしょうか。夜になって北風がひゅうーとなりはじめました。
   日中の晴れた気分が押し込められて淋しーくなってきます・・・一番に弱い北からの風です。
    
    午後の思いつきの散歩で浅草の羽子板市を見てきました。今夜は羽子板とか羽の華やかな
   色や、仲見世の人の賑わいを思い返して寝よう。
   
    長いこと東京も下町に住みながら、この市を見たこともありませんでした。考えれば暮れの事、
   仕事が主で大忙しの時期、歳時記便りはテレビニュースばかり。
   今になって、あ、見たい!行きたい!でGO!(散歩範囲ですが。)
    
    人混みの中をかきわけ、買いもしないのに羽子板を眺めたり、和紙のお店にすいと入り中々出
   てこない私を外でじっと待ってくれる夫、、、以前はカッカとなり、血圧も上がりかねていたのにホ
   ントに変わりました(我慢かしら?)

    子供の頃の正月、羽つきの音がよみがえります。
   晴れ着の着物の色柄も、赤い絹纏の鼻緒の下駄の音も、、、。

    すさまじい程の変化なのに、つい昨日の事のように思うのは、年、歳、とし~かも。

    今日見た羽、昔はもう少し優しい色であったように思います。
 
f0007772_21515667.jpg



    12月の或る日、ベランダからの眺め。

f0007772_21535929.jpg

      
[PR]
by harue_san | 2010-12-18 21:54

   12月の虹  

  
f0007772_1695177.jpg

   暫く小春日和が続いていたのが急に大荒れの天候にびっくりの朝、窓から雨雲と強風の
  様子を眺め立ち尽くしてしまいました。天と地をひっくり返すような自然の移り変わりに動揺
  しても、これはほんの少しの時間で、雨は止み風もおさまる・・と心の中で呟きます。
  
   本当に朝の内にみるみる青空が広がり、虹まで出ました!すごいパノラマです。端から端
  まで全体が”にじいろ”なんです。ほら、ほら叫んで携帯カメラを構えているうちにす~と消え
  てしまいました。
  
   それで又幸せ感に戻りました・・・とすればホントのお天気やさん。

f0007772_16181763.jpg

   昨日、暮れとは思えない穏やかな日、新宿まで友人に会いにゆきました。
  デパートの屋上でポカポカと日向ぼっこをしながら暫し昔話でした。思い出がたくさんあるだ
  けかみしめて長生きできそう。でも食べましょう。
   老舗のパンが目の前に、私いま「あんぱん」に夢中なの、と小倉餡を買い、彼女はこし餡と
  言ったらそれは売り切れですって。
   
   先日日経新聞であんぱん好きの人の記事を読みました。
  あんぱん一つのことでこんなに人の心を優しく懐かしさを呼び起こしてくれるとは、、、。
  暫くは、私の頭の中はあんぱん!やっぱり餡はおぐらね。いろいろの思いでがつまっています。
   
  
   

   
[PR]
by harue_san | 2010-12-07 22:03