傘寿、80歳のぶろぐ。


by haruちゃん

<   2018年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

車椅子を押して

 毎日が小春日和、、、朝の家事仕事が全部済むと11時となる。
夜なか夫に起こされること二度三度、そろそろ頭がぼ~と壊れかけてくる。
天気よし、お散歩に出る。30分ぐらい段差のない歩道を歩き、〆は芋ようかんでも
買いましょ。で帰る。いやはや80過ぎの二人、私が乗りたい~と言いたいが。
歩道に咲く花が目に入るようになったから、まだ大丈夫かな。

f0007772_15541342.jpg

[PR]
by harue_san | 2018-10-31 15:55

車椅子で

  入院と自宅介護で3カ月ほどベツドに寝たままの夫、やっと起き上がられるように
なりましたが、眠っているのが楽とばかり、、。
今日は小春日和、車いすで一階のスーパーまでワイン買いに行きましょ!連れ出しました。
一番好きだった物に気持ちが向くように、午後の早い時間のスーパーは広々静かな散歩道
でした。帰ると又眠りに、、でも身体痛いが少しだけになったかなって。
ほら!どんどん身体動かしてやりたいこと復活させましょ。
久しぶりのお散歩はついに車いすになりました。めでたし!f0007772_17195470.jpg

[PR]
by harue_san | 2018-10-27 17:21

干し柿の初物

 食事?お腹すかない。背中痛い。起きるの嫌だ。
ひと悶着のあとやっと立ち上がり、ハイ!ビハビリのつもりで!
大好きな干し柿を一つ食べベッドへ戻る夫。

あら?片方の腕だけ組んで歩けたじゃない。すご~い!
  
  私も頭の体操にぶろぐ復活しようと思いました。
f0007772_14130948.jpg

[PR]
by harue_san | 2018-10-26 14:28

老、老介護の始り

 今年の極暑は夢の中のようでした。
七月~十月、夫の入院、自宅介護、気が付けば空は秋、窓からは富士山が雪を
被り、夕には茜いろに映える山の連なり、、自然は静かに移り変わっています。
 こんな時が何れくると思いながらも、現実は容赦なし。
健脚が自慢の夫歩けないなんてウソ!でもホント!昼間は毎日、毎日
トイレまでとか食事テーブルまでとか、二人社交ダンスで組むように、いちに!いちに
と声かけで歩きます。たまにすろ~すろ~クイッククイックなんて言いながら、(もつと
早いうちに彼とダンスでも踊っていたかつたなあ。
 これから長い季節、乗り越えることに専念です。(老婆のヘルパーさん)
写真はお友達の絵葉書より
f0007772_11081070.jpg


[PR]
by harue_san | 2018-10-25 11:44